アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


 

アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんから大人まで誰でもなる可能性があります。

 

特に他のアレルギー症状を持つ方に多く発生します。

 

ダニやハウスダスト、壁紙に使われる接着剤などの化学物質など原因は様々ですが、精神的なストレスから発症することもあります。

 

基本的にアトピー性皮膚炎の元となる物質を特定出来れば、治ることもありますがほとんどの場合、複数の要素が原因で発症することが多いので、完治するには時間がかかります。

 

湿疹が出来る場所も年齢によって違いますが、皮膚が乾燥して非常に強いかゆみを伴うので、かゆい場所をかきむしり、悪化させることが多くあります。

 

また慢性化すると肌がざらざらになり、難治性になる場合が多いので、早いうちに皮膚科を受診し、治療を始めることが最も大切です。

 

皮膚科では一般的に、何種類かのアレルギー物質を皮膚に注射して、原因となる物質を突き止める方法が一般的です。

 

原因となる物質が把握出来たところで、すぐに治るわけではありませんが、ハウスダストやダニが原因なら、自宅を掃除してなるべくアレルギーになる物を取り除く事が必要です。

 

アトピー性皮膚炎の治療はかゆみ止めとして、ステロイドの軟膏が処方さます。

 

副作用を心配する方もいますが、医師の指示通り治療すれば、悪化を防ぐことも出来るので、根気よく治療するのが良い方法です。