アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと体内毒素の関係

 

アトピーは病院の治療を行っていくのと同時に、体の環境を整えることも、とても重要なことです。

 

体の環境を整えるというと、なんだか難しそうなことに思えますが、そんなに難しいことではありません。

 

まずは、体内の毒素を出すことから始めると良いでしょう。

 

食品添加物や着色料、保存料、残留農薬など、私たちが日ごろ口にする食品の多くは有害物質がたっぷりと含まれています。

 

これらの有害物質の摂取量は、平均すると1人当たり年間4kgにものぼると言われています。

 

有害物質を摂取すると体内に毒素が溜まって、アトピーやアレルギーの一因となります。

 

有害物質は体にとって異物です。

 

異物が侵入すると、細胞はアレルギー反応を起こします。

 

また、異物を排除するために活性酸素を発生させ、細胞に障害を与え、様々な病気を引き起こします。

 

その上、体に毒素が溜まっていると、必要な栄養素を吸収できません。

 

毒素をしっかり除去することで、必要な栄養素を摂取できるため、体の解毒は非常に重要です。

 

また、体内に毒素が溜まっていると、治療や薬の効果が十分に発揮できない環境になってしまっている可能性があります。

 

ですから、具体的な治療に取り掛かるとしても、同時に体から毒素を出すことを常に考えるようにしましょう。

 

簡単な方法としては、まずは食べるものを見直すことです。

 

ほうれん草やごぼう、キャベツ、レモン、りんごなど、体から毒を出す作用のあるデトックス効果があると言われている食べ物もたくさんあります。

 

このようなデトックス効果の高い食材を使った料理などを食べることで、体内の毒を出すことが出来ます。

 

また、タマネギの皮茶を飲むのも効果的です。

 

 

タマネギの皮にはケルセチンという成分が含まれており、これには解毒作用があります。

 

タマネギの皮茶はアトピーだけでなく、喘息や花粉症といったアレルギー症状でお悩みの方にもお勧めです。

 

添加物を摂らない食生活を実践して、体内毒素を排出することで、アトピーのつらい症状がかなり改善されたという報告もあります。