アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと腸内細菌の関係

 

腸は、私たちが食べたものを消化・吸収をするという大事な役割を担っている器官です。

 

この腸の中には、たくさんの腸内細菌と呼ばれる菌が住み着いています。

 

腸内細菌とは、人間や他の動物の腸内の壁に隙間なくぎっしりと生息している微生物です。

 

人間の体内に約300種類、約100兆個の腸内細菌が住み着いていると言われています。

 

腸内細菌には体にとって良い影響を及ぼすものもいれば、逆に悪い影響を及ぼすものもいます。

 

いわゆる「善玉菌」と「悪玉菌」と呼ばれるものです。

 

善玉菌の代表的な菌は乳酸菌で、悪玉菌の代表的な菌はウェルシュ菌です。

 

しかし、最も多いのは「日和見菌」と呼ばれる中間菌です。

 

腸内細菌は、1割が善玉菌、1割が悪玉菌で、残りの8割が日和見菌になります。

 

この日和見菌は善玉菌が増えれば善玉菌に、悪玉菌が増えれば悪玉菌になるというタイプの細菌になります。

 

善玉菌は体にとって良い菌です。

 

善玉菌は免疫機能と密接な関係があり、善玉菌が多いとリンパ球やマクロファージなどが増殖され、外部からのウィルスやがん細胞を攻撃してくれるのです。

 

一方で悪玉菌は体内で発がん物質を作ったり、 アンモニアや硫化水素などの有害物質を作ったりして、下痢や便秘、高血圧、動脈硬化など、様々な症状の原因を作ります。

 

最近の研究では腸内細菌はアトピーやアレルギー、花粉症の発症と深い関りがあることがわかりました。

 

アトピーを発症している小児の便では善玉菌の一つであるビフィズス菌が減少しているという報告もされています。

 

そのため、腸内細菌のバランスを整えることで、アトピーの改善が期待できるのです。

 

ストレス、睡眠不足、飲酒、偏った食生活、加工食品、抗生物質の服用などによって、腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。

 

善玉菌を増やして、逆に悪玉菌を減らすことが、アトピーにとって良い事であると言われています。

 

腸内細菌のバランスがいいと、悪玉菌が自律神経の働きを乱すことを防ぐことになり、アトピーと関連の深いホルモンを分泌したり、ビタミンを作り出すという働きが正常に行われる手助けへとつながって行くのです。

 

善玉菌を増やす方法はいくつあります。

 

<サプリメント>

 

最も手軽で効率が良いのは、乳酸菌やビフィズス菌のサプリメントを飲むことです。

 

 

<食物繊維を摂る>

 

食物繊維には、腸内の悪玉菌や有害物質を減らす働きがあります。

 

便の色が黄色、バナナ2本分の量で、ほどよいやわらかさ、トイレの水に浮くといった条件を満たしていれば、食物繊維が足りている証拠です。

 

肉と脂肪が多い食事をしている人、便秘がち、下痢がちな人は食物繊維が不足している可能性があります。

 

<甘いものや刺激物は控える>

 

甘いものや刺激物は、善玉菌を破壊してしまいます。

 

それだけではなく、アトピーの痒みのもとになるヒスタミンを発生させます。

 

アトピー患者の方はかゆみを抑えるためにステロイド薬を処方されると思いますが、これはあくまでも対症療法に過ぎません。

 

ステロイド薬を使ってもアトピーが治るわけではありませんね。

 

ステロイド薬を使い続けると、だんだんと効かなくなり、さらに強い薬を使わざるを得なくなります。

 

そうなれば、副作用が心配になりますね。

 

もちろん、症状を抑えるためには薬は有効ですが、アトピーを予防・改善するためには、まず腸内環境を整えることが大切です。