アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーとバリア機能の低下の関係

 

人間の身体には生まれつき「バリア機能」というものが備わっています。

 

現代人は常に清潔でありたいと思うために、必要以上に体を洗いすぎ、その結果、バリア機能が低下していると言われています。

 

それによって、敏感肌や乾燥肌など様々な肌トラブルが起きています。

 

そして、そのような洗いすぎによる代表的な肌トラブルがアトピーになります。

 

最近の研究ではアトピーの原因の一つが、バリア機能の低下であることがわかってきました。

 

普段からお風呂に入る時に石鹸やボディーソープを使って体を洗ったり、ナイロンタオルでこすり洗いをしたり、半身浴などをして湯船に長く使ったりしていると、バリア機能が低下する原因となります。

 

つまり、清潔志向のための洗いすぎが、アトピーを引き起こしていると考えられています。

 

肌を健康な状態に保つためには、頻繁にお風呂に入ったり、洗いすぎないことが大切です。

 

特に、バリア機能の弱い赤ちゃんや乳幼児には、アトピーを予防するためにも、これらの行為をしないように注意する必要があります。

 

赤ちゃんや乳幼児の肌を清潔に保ちながら、同時にバリア機能を低下させないためには、石鹸やボディソープは使わず、入浴は週2〜3回までにするようにしましょう。

 

生後1ヶ月くらいまでは沐浴をすると思いますが、沐浴剤は使わないようにしましょう。

 

このスキンケア方法は、多くの方にとって抵抗があるかもしれません。

 

ですが、赤ちゃんや乳幼児にこれらのスキンケアを行っても、体が不潔になったり、不快な臭いがすることはありません。

 

むしろ、これまでに乾燥肌や湿疹で悩んでいたとすれば、このような洗いすぎないスキンケアに変えるだけで、確実に肌トラブルは減っていきます。

 

皮膚が弱いかもしれない心配のある時は、産後1週間くらいタオルで赤ちゃんを包んで下さい。

 

子供のアトピーが治りにくい場合は、親御さんの清潔志向が原因かも知れません。

 

赤ちゃんや乳幼児だけでなく、大人のアトピー患者も洗いすぎないことが大切です。

 

入浴回数が月に平均1回のチベットではアトピー患者がいないと言われています。

 

どうしても石鹸・シャンプー・リンスを使いたい場合は、界面活性剤の入っていない物を使用しましょう。

 

界面活性剤は皮膚のバリア機能を壊すので使わないようにしましょう。