アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アレルギーからアトピーになることはありますか?

 

アトピーやアレルギーのお子さんの数は年々増えてると言われています。

 

現在の日本では、アトピーというのは珍しい病気ではありませんので、多くの親御さんがご自分のお子さんに対しても不安を抱えている病気の一つになっています。

 

特に元々アレルギーのあるお子さんをお持ちの方でしたら、その心配はなおさら強いでしょう。

 

残念なことですが、アレルギーをお持ちのお子さんは、そうでないお子さんに比べて、アトピーにかかりやすい体質であると言えます。

 

アトピーというのは、花粉症などと同じように、アレルギーに関連した病気です。

 

何らかのアレルギーを持っている体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

 

アトピーはアレルギーによる疾患の一つになります。

 

お肌にある過酸化脂質や外部からの刺激などに対して、過剰な免疫反応を起こしてしまうことによって、かゆみや炎症などの症状が出ます。

 

ですから、例えば金属アレルギーなどのようなアレルギーをお持ちのお子さんの場合には、アトピーを発症してしまう恐れが十分にあると言えます。

 

また、特定の食物に対してアレルギー症状を発症してしまうような食物アレルギーをお持ちのお子さんについても、アトピーを発症してしまう恐れがあるということになります。

 

遺伝的にアレルギーを起こしやすい体質を「アトピー素因」と言います。

 

アトピー素因があると、乳児期には食物に反応しやすく、食物アレルギーやアトピーの症状が現れます。

 

生まれてから乳児湿疹になり、食物アレルギーがあると、アレルギー反応を起こす食物に対する耐性ができるまで、湿疹が続くことがあります。

 

幼児期、児童期になるにつれ、ダニや花粉などの吸入性アレルギーの症状として気管支喘息やアレルギー性鼻炎が現れやすい傾向があります。

 

このように成長とともにアレルギー症状が変わったり、積み重なっていったりすることを「アレルギーマーチ」と呼んでいます。

 

正しく治療すれば早い子は1歳半過ぎくらいに、遅い子でも6歳頃までには小児のアトピーは治ります。

 

アレルギー体質のお子さんを育てている親御さんは、アレルギーを持っていないお子さんを育てる場合よりも、ハウスダストのない環境作りや、異常を感じたらすぐに医師に診察をしてもらうなどの配慮が必要かもしれません。