アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと引っ越しの関係

 

アトピー発症の引き金の一つが引っ越しです。

 

全てがそうではありませんが、アトピーは生活環境に大きく作用される病気なので、生活環境そのものである家を変えることは、大きな転換点となります。

 

引っ越しは良くも悪くもアトピーに影響します。

 

新しい住居が症状を悪化させることも防止することもあり得ます。

 

特に新しい家の場合は、発症の引き金になることが多いようです。

 

家を新しく建てる時は化学物質を大量に使うので、その化学物質がアトピーのアレルゲンとなる場合が多いのです。

 

では古い家なら良いかと言えばそうとも言えません。

 

古い家に棲みつくダニやカビが発症の原因になる場合もあるからです。

 

また家そのものに何の問題も無くとも、以前住んでいた家とは環境が全く異なりますから、その環境の変化そのものが原因となる場合もあります。

 

いずれにせよ引っ越しという環境の変化がアトピーにどう影響するか分かりません。

 

また都心に住んでいた人が療養のために緑豊かな土地へ引っ越したとします。

 

原因物質が化学物質など都心に多いものだったら、引っ越しがきっかけで症状が落ち着く可能性があります。

 

その逆も有り得るので、引っ越しには万全の注意が必要です。

 

まず引っ越し先の環境を良く観察してみましょう。

 

生活環境の変化はそのまま体内の環境変化へつながります。

 

体内の環境が変わることで、免疫機構の暴走などで症状が悪化する可能性があります。