アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーの人が紫外線を浴びても大丈夫ですか?

 

紫外線は夏場だけでなく、1年を通して降り注いでいます。

 

紫外線は体にとって良くないイメージを持っている人が多いと思います。

 

オーストラリアでは皮膚ガンの原因として紫外線が考えられています。

 

白人だから皮膚ガンになりやすいという説が多いようですが、日本人だから大丈夫ということも言えません。

 

日本の日照時間はヨーロッパに比べて多く、紫外線にさらされる時間はとても長いのです。

 

紫外線による発ガンは「有棘細胞ガン」や「メラノーマ(悪性黒色腫)」と呼ばれているガンになります。

 

特にメラノーマは厚みが1.5ミリを越えれば全身に転移する恐ろしいガンと言われています。

 

皮膚ガンの怖いところは、見た目は小さくても垂直方向への破壊力が大きいことです。

 

皮膚ガンの他、紫外線による色素沈着、乾燥、シワ、くすみなど、美容面においては特に多くの問題があります。

 

そのため、紫外線が多い季節は、UVと名が付いている日焼け止めクリームを塗って外出される方も多くいます。

 

紫外線のデメリットばかりが強調されていますが、日光を浴びることで皮膚が強化されるという医師もいます。

 

日焼の後は皮膚の角質が厚くなって防御機能が強化され、これがアトピーの肌には好都合だと言われています。

 

皮膚が厚くなった分、水分の透過率が小さくなって保湿機能が保たれるからと考えられています。

 

また、紫外線を浴びると、皮膚でビタミンDが合成されます。

 

ビタミンDは、日光浴によって作り出すことができるのです。

 

そのため、日光にさらされる時間が極端に少ない北欧の人々は人工太陽の照射を受けたり、ビタミンDのサプリメントを摂取しています。

 

ビタミンDは、健康な歯や骨を作るカルシウムの吸収を高めたり、血液中のカルシウム濃度を高めたりするなどしてサポートをします。

 

他にも、免疫システムの安定や、呼吸器感染症の予防、血管や心臓の機能改善、抗がん作用などがあり、健康で若々しくいるために役立つとされています。

 

成長過程の子どもがビタミンD不足になると、X脚やO脚になったり、歯や下あごがぐらついたりといったような、骨の成長障害が生じると言われています。

 

大人がビタミンD不足になると、カルシウムの吸収がスムーズに行かないことで、「骨軟化症(こつなんかしょう)」が起こることがあります。

 

骨軟化症は、骨が柔らかくなることで負担がかかるので、痛みが出たり、骨が変形したりする病気です。

 

特に高齢者はもともと必要なビタミンDの量が多いことから、日頃からビタミンDが不足しがちです。

 

これにより、骨がもろくなり、骨折しやすくなる「骨粗しょう症」の原因となる場合もあります。

 

とは言え、急激に日光に肌をさらすことは良くありません。

 

紫外線を浴びすぎると体に良くないと言われていますから、1日15分程度を目安に日光浴をすると良いでしょう。

 

長時間紫外線を浴びないような工夫や対策をしましょう。

 

特にアトピーの場合は、お肌のバリア機能が低下してしまっている状態ですので、紫外線が大きな外部刺激となってお肌が乾燥して、よりお肌を荒れさせてしまう原因にもなりかねません。

 

また、色素沈着がある場合は、さらに酷くなることもありますし、アトピーの人は皮膚が弱いので炎症を起こしやすくなります。

 

日焼けがかゆみを引き起こす要因の一つになることがありますので注意が必要です。

 

海水浴やプール、学校の水泳授業の際は日焼け防止の水着を着た方が無難です。

 

 

 

アトピーの方が海水浴をされる場合、事前に医師に相談されることをお勧めします。

 

1年で紫外線が最も強い6月頃や夏場など紫外線が強い季節は、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

 

日焼け止めクリームだけでは紫外線カットは不充分です。

 

外出の際はツバの広い帽子をかぶったり、日傘をしたり、長袖などで対策をした方が良いでしょう。

 

紫外線よけに黒いモノが流行ってますが、黒色は染色安定剤を多く含んでいます。

 

酸化チタンを使ったもので白い物も市販されていて遮蔽効率は良いようです。

 

UVアイテムを使う時は、SPF値が高すぎないものを選びましょう。

 

SPF値とは、紫外線のUV−B波をどれくらい防御できるか、という紫外線防御指数です。

 

SPF値は1あたり20分間、日焼けを遅らせられる数値とされています。

 

仮に、SPF値が10なら、「20分間×10=200分(約3時間)」ほど日焼け止め効果があるという目安となります。

 

SPF値が50以上の高い数値が良い性能と思わる方が多いようですが、仮に2時間だけ直射日光を浴びる場合、SPF値が10と50の違いはないということです。

 

「SPF値が高い=お肌の負担になりやすい」ということですので、せいぜい30前後のものを使えば、約600分(10時間)は持ちますので、普段の日常生活では十分でしょう。

 

子どもは大人に比べると紫外線を浴びる機会は多いと言えるでしょう。

 

その理由としては、「学校への登下校の時間」、「屋外での課外授業や体育」、「休み時間や放課後外で遊ぶ」などが挙げられます。

 

皮膚の免疫機能はランゲルハンス細胞が司令塔となって行っているわけですが、その機能は大人より子どもの方が成長過程にあるため、安定していないと言われています。

 

子どもの場合、UVケアを行う習慣はあまりないそうですが、アトピーの発症や皮膚のバリア機能の低下予防、アトピーの症状があったり、皮膚の乾燥状態がみられる場合は、紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

子どもの場合は、ローションタイプのものが白浮きしづらく、適しているでしょう。

 

尚、「UV−A」や「PUVA」を使った光線療法や紫外線療法と呼ばれている治療法もあります。

 

これらの治療法はアトピーや乾癬、掌蹠膿疱症などの患者に対して行われます。

 

治療部位の症状や面積により異なりますが、数分から10分程度で終了します。

 

ステロイドを絶対に使いたくない患者さんや通常の治療で良くならない難治化した症例に有効な場合もあります。

 

ただし、幼児や妊産婦には禁忌とされ、通常は13歳以上の重症患者に適応されます。

 

急性皮膚炎症や白内障リスクが増加するなどの危険性が伴いますので、慎重に検討しましょう。

 

また、効果のあらわれ方には個人差があります。