アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


赤ちゃんにステロイド外用薬を使っても大丈夫ですか?

 

病院ではアトピーの症状を抑えるために、ステロイド外用薬が使用されることが多くあります。

 

ステロイド外用薬は皮膚の炎症を抑える塗り薬になります。

 

ステロイド外用薬には、赤ちゃんの肌に使える弱いものから強いものまで、5段階の強さがあります。

 

・最も強い(Storongest)
・非常に強い(Very Strong)
・強い(Strong)
・普通(Medium)
・弱い(Weak)

 

これらの薬は皮膚の炎症の程度によって、使い分けられています。

 

炎症が強くかゆみが強い状態になるほど、強いステロイド外用薬が処方されます。

 

一般的に症状が軽症の場合には、ロコイドなど普通(Medium)以下の強さのステロイド外用薬を使用します。

 

また、赤ちゃんや小さなお子さんの場合、一般的に成人に使用するステロイドよりも1ランク低い塗り薬が使用されます。

 

ただし、症状が軽症で、大人でも普通(Medium)や弱い(Weak)が使用されるケースでは、お子さんも同様のランクの塗り薬を使用するケースもあります。

 

もちろん、ステロイド外用薬にも他の薬と同様に副作用があります。

 

ステロイド外用薬は怖い薬と思っている方も多くいると思います。

 

そのため、赤ちゃんにステロイド外用薬を使うことに抵抗を感じるお母さんも多いと思います。

 

結論から言えば、赤ちゃんにステロイド外用薬を使用しても問題ありませんし、皮膚科や小児科でもステロイドを使った塗布が中心の治療です。

 

ステロイド自体は毒ではありませんので、例え赤ちゃんに使ってはいけないということはありません。

 

ステロイドとは、体の中にある副腎皮質という器官で作られているホルモンの一種です。

 

ステロイドには糖やタンパク質の代謝、抗炎症作用、免疫抑制作用、骨代謝など様々な働きがあり、人間が生きて行く上で必要不可欠なホルモンです。

 

ステロイド薬とは、このステロイドホルモンを治療に応用するために、人工的に開発された薬です。

 

ステロイドは塗り薬だけでなく、飲み薬、吸入薬、点鼻薬、点眼薬、注射など、様々な治療に対して用いられます。

 

ステロイドの怖い副作用は、内服や注射でステロイドを長期に大量に使用した場合の全身的な副作用です。

 

ステロイド外用薬は、主に炎症を抑える「抗炎症作用」が期待され、アトピーや湿疹、皮膚炎など皮膚疾患に対して幅広く使用されます。

 

アトピーに使うステロイドは塗り薬で、全身的な副作用はありません。

 

塗り薬の副作用として多いのは、塗った部位の皮膚が薄く白くなることです。

 

これは、健康な皮膚に戻ったと考えて下さい。

 

塗るのを止めれば、1ヶ月ほどで治ります。

 

ステロイド外用薬を塗ると皮膚が黒くなると思っている方も多いようですね。

 

ステロイド外用薬は炎症を治す薬なので、結果として治った後に色素沈着が起きることがあります。

 

しかし、ステロイド外用薬を使っても使わなくても、赤みを伴う湿疹などの炎症が起きてしまえば、少なからず色素沈着は起きます。

 

むしろステロイド外用薬を使用せず、炎症を悪化させて長引かせてしまえば、その分、結果として色素沈着のリスクは高まります。

 

ステロイド外用薬は皮膚科専門医の診断によって、炎症に合った強さの薬を適切な期間・適切な塗り方で使用すれば問題ありません。

 

いつまでステロイド外用薬を使用するかは、医師の判断によります。

 

最初は、適切な強さのステロイドを塗り、炎症をしっかり抑えます。

 

基本的に初期の治療は、3〜4週間が目安です。

 

通常はこの段階で皮膚は見違えるように綺麗になり、かきむしるようなことはなくなります。

 

でも、まだ油断はできません。

 

炎症が目には見えない状態でも完全に治まっているとは限りません。

 

そこで、ステロイドの量を減らしたり、軽いものに切り替えます。

 

その後、しっかり炎症が治ったら、保湿剤を塗ってステロイドの使用を休む期間を増やしていきます。

 

そのうち、ステロイドを塗らなくても保湿剤だけで大丈夫になります。

 

アトピーは早期に適切な治療を行えば、弱いステロイドを短期間の使用だけで済みます。

 

症状が軽い場合は、長期に塗る必要はありません。

 

一番良くないのは、ステロイドの副作用を恐れ、ステロイドを塗ったり塗らなかったりすることです。

 

症状が良くならないといつまでもステロイドを塗らないといけなくなり、良くなったり悪くなったりを繰り返すと皮膚が硬くなります。

 

また、どんどん効きが悪くなり、更に強いステロイドを塗らないといけなくなります。

 

そもそも適切な治療をすれば、長期に塗る必要はありません。

 

赤ちゃんにステロイドを塗ることを特に心配されるかもしれませんが、アトピーは赤ちゃんの時に治療をすると、より弱いステロイドをより短期間塗ることで早く治すことが出来ます。

 

ステロイドは「体内に蓄積する」、「背が伸びない」、「白内障になる」などの都市伝説やウソ・間違った情報がネット上には氾濫しています。

 

これらの情報に惑わされないように、医師の指示に従って使用すれば、赤ちゃんにステロイドを使っても大丈夫です。

 

赤ちゃんにステロイド外用薬を使う場合、顔や手に塗ったあと舐めてしまっても大丈夫か心配される方も多いようです。

 

ですが、赤ちゃんが顔や手に付いたステロイド外用薬を舐めても問題はないとされています。

 

ステロイドは、ワセリンなどの基剤に溶けています。

 

そのワセリンの成分の多くはパラフィンです。

 

人間が口から摂取すると、消化できずにそのまま便として排出されます。

 

また、パラフィンの融点は58〜60度と高温であるため、ステロイドの成分が溶け出して腸内から吸収する可能性はかなり低いと言えます。

 

舐めてしまう程度であれば問題ないため、指示された量をしっかり塗って下さいね。

 

いずれにしても、お医者さんに相談して、きちんとした説明を受けて、納得した上での使用を心がけて下さい。