アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと紫外線の関係

 

アトピー体質の人は紫外線(UV)に対して、良くも悪くも症状が変化します。

 

それこそ人によって違うのですが、日焼けすることで症状が沈静化する人がいれば、逆に日に当たっただけで症状が悪化する人もいるのです。

 

紫外線には、皮膚の炎症を抑える効果があります。

 

つまり、アトピーの症状を抑える効果が期待できるので、治療法の一つとして取り入れる病院もあります。

 

日焼けすることで皮膚の防御機能が上がり、アトピーの症状を抑えるらのです。

 

しかし残念ながら上記のとおり、UV照射療法は全ての人に有効ではありません。

 

アトピーを起こしている人の肌は通常より敏感です。

 

僅かな刺激にも反応し、炎症が悪化する可能性があります。

 

また日焼けが引き金となり、アトピーを発症する人もいます。

 

紫外線を浴びることがどんな影響を及ぼすのかは個人差が大きく、またその時の体調によっても異なるので、事前に充分な検査が必要です。

 

日焼けが良い効果をもたらす場合の人でも、急激な日焼けは身体に悪影響を与えます。

 

ゆっくりと日光浴する気分で紫外線を浴びて、徐々に日焼けするのがよい療法です。

 

日焼け止めクリームを塗ることで、日焼けするスピードを緩めましょう。

 

ただし日焼け止めクリームでアトピーを起こす人もいるので、目立たない位置の皮膚に塗って、試してから使用しましょう。