アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと生活スタイルの関係

 

アトピー対策を考える上で、大切な生活スタイルがあります。

 

それは皮膚のバリア機能を保つことです。

 

アトピーと言うと、どうしても表面上見える皮膚のことだけに、目が行ってしまいがちですが、規則正しい生活を送るだけでもかなり変わってきます。

 

まずは早寝早起きを実行しましょう。

 

早寝早起きをすることによって、自律神経のバランスが整ってきます。

 

アトピーの痒みがあることだけでも、ストレスになりがちですが、ストレスや疲労をなるべく溜めないように心がけましょう。

 

ストレスや疲労をなくすことも、早寝早起きと同様に自律神経のバランスを保つのに役立ちます。

 

そしてアトピー改善のために体の中からも変えていく必要があります。

 

食べ物は減農薬や無農薬のものを選び、添加物をあまり使わないものを食べるようにしましょう。

 

有機野菜などは、普通スーパーなどで販売されている野菜よりは多少高いですが、最近は消費者の意識も高まってきたせいか、以前に比べると手に入りやすくなりました。

 

糖分や油分の摂取もできるだけ控えめにします。

 

お菓子やスイーツを食べ過ぎると確実にアトピーを重症化させます。

 

その他、糖分が多く含まれている果物、ジュース、加工食品などにも気をつける必要があります。

 

理由は、糖類が腸管内で発酵し、腸粘膜がただれて傷ができるからです。

 

食生活を始めとした生活スタイルに気を配るようにしましょう。