アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと保湿

 

アトピー性皮膚炎は自分の力で皮膚のバリア機能ができていない、必要な皮脂が分泌されないなどの理由で、皮膚の乾燥が激しくなって痒くなってしまいます。

 

まずは、皮膚のバリア機能を保つ必要があります。

 

皮膚の水分保持をしてから、その上にクリーム状の蓋をするようなイメージです。

 

アトピー性皮膚炎の乾燥の原因の一つとして、セラミドという成分が不足していることが挙げられます。

 

保湿剤にセラミドが入っているクリームやローションを選んで、こまめに塗るようにすると有効です。

 

これは皮膚科でも手に入りますが、市販のものでもあります。

 

ただ、市販のものを選ぶ時は、化学物質が多く含まれていないか注意が必要です。

 

その他、アトピー用の保湿剤として代表的なものがワセリンです。

 

ワセリンは赤ちゃんでも使える安心なクリーム状の軟膏で、口角が切れたときにも使えるので口に入っても無害です。

 

アトピーでは皮膚の水分保持も重要です。

 

最も水分保持に有効な成分は尿素です。

 

尿素配合のクリームも様々なものがありますが、配合が高いものほど皮膚への刺激が強く、水分保持としての効果も高いので、使用する時は配合率をよくチェックしなければいけません。

 

尿素が配合されているクリームを上手に使うと、その部分の肌がスベスベしてきて、見た目も見違えるようになります。