アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


赤ちゃんのアトピー

 

アトピーというのは、アレルギー体質から来る肌の湿疹を指し、赤ちゃんでも発症すると言われています。

 

大人になると自然に治るケースが多いようですが、最近は成人してから発症するケースも増えているようです。

 

年齢によってアトピーの症状は違い、赤ちゃんの場合は生後2〜3か月で発症する場合が多く、生後1年経過したくらいで治る場合が多いです。

 

生後半年くらいになると、体中に湿疹ができてきて痒くなります。

 

スキンケア対策を年齢や症状に合わせて施す必要があります。

 

アトピーは、食べ物やハウスダストがその主な原因とされていますが、明確な原因というのはまだはっきりしていません。

 

スキンケアについてもアトピーに本当に有効かどうか、はっきりしていません。

 

しかし皮膚が弱いことによって発症していることは確かなので、症状に合わせて皮膚の状態をスキンケアで改善していくことは大切です。

 

赤ちゃんのスキンケアにおいては、まず赤ちゃんの身体を清潔に保つことです。

 

そのためには入浴が非常に大切になりますが、洗いすぎないように注意しなければなりません。

 

水は洗浄力が強すぎる部分もあるので、適度な力加減で赤ちゃんを洗ってスキンケアしてあげるようにしましょう。

 

肌がデリケートなので紫外線は避けたいのですが、日光浴も適度なら逆に肌を強くしてくれるので、アトピー対策にもなります。