アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと乳児湿疹の違い

 

アトピーという病気が、多くの方に認知されているならではと言っては変かもしれませんが、他の症状との混同と言うことが起きたりします。

 

中でも多くの方が間違えてしまうことが多いのが、乳児湿疹です。

 

乳児湿疹とは、文字通り赤ちゃんに見られる湿疹のことです。

 

大体生後1ヶ月から1ヵ月半くらいの赤ちゃんに見られる症状で、赤ちゃんであれば誰もが経験することなのです。

 

乳児湿疹は、おっぱいを与えてくれるお母さんの食事や、体の成長に伴って皮脂の分泌が盛んになってきたことによって起きるもので、病気というよりも、どちらかというと大人で言う肌荒れに近い症状です。

 

このため、特に治療などの必要はなく、清潔に保つなどで十分に対処できます。

 

一方、アトピーは、遺伝的な要因や環境による要因で、角質に異常が起きて乾燥してしまったり、お肌の持つ正常なバリアー機能が低下して起きてしまう症状なので、放っておいては治りません。

 

さらに、かゆみという症状も現れるので、特に赤ちゃんでは無意識にかいてしまうということもありますので、悪化してしまうという危険性もあります。

 

一見、お肌が荒れたり、発疹があらわれたりと、症状としては似ている部分が多いので、両者を混同してしまう方が多いです。

 

特にアトピーに対しては、現代の子どもでは非常に多いので、お母さんも過剰な心配をしてしまいがちになり、そういう方も多いのでしょう。

 

根本的に全く違うものですが、気になる場合は自己判断せずに医師の診断を受けましょう。