アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと副腎皮質ホルモンの関係

 

私たちの体内では、体の各器官からホルモンと言うものが分泌されていて、それによって、体の状態を正常な状態で保っていこうと、無意識のうちに働いています。

 

そのようなホルモンの中に、副腎皮質ホルモンと言うホルモンがあります。

 

実はこの副腎皮質ホルモンは、多くの方が悩まされているアトピーと言う病気と、とても関わりの深いホルモンなのです。

 

正確には副腎皮質から分泌されるホルモンである、コルチゾールというホルモンです。

 

どうしてこのコルチゾールがアトピーと関わりが深いのでしょうか?

 

アトピーの外用薬として使用されるステロイドという薬がありますが、あのステロイドは、人工的に合成されたコルチゾールだからなのです。

 

元々、体内で適量のコルチゾールが分泌されることによって、体を正常に保とうとする働きが起きます。

 

これがアトピーに関連したもので言うと、異物を排除しようという、本来ならば体を守ってくれる働きである免疫作用なのですが、アトピーの方はこの免疫作用が過剰に反応してしまうことによって、アトピーの症状を引き起こしてしまうのです。

 

コルチゾールには、免疫作用そのものを低下させるという働きがあります。

 

ですから、この免疫作用そのもののシステムの機能を低下させるために、ステロイドが外用薬として使用されるのです。

 

よって、アトピーと副腎皮質ホルモンであるコルチゾールは非常に関わりが深いと言えます。