アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーの診断基準

 

赤ちゃんの皮膚は、まだ発達段階にあるので、大人と比べると、大体半分の薄さになっています。

 

当然外部からの刺激や物質に対する、お肌が持つバリアー機能なども、まだ未熟なのでトラブルが起きやすい状態です。

 

言ってみれば、超敏感肌という状態のようなものです。

 

したがって湿疹やかぶれなども起こりやすく、そのような状態になっても、それがアトピーによる症状なのかどうかについては、なかなか素人目には判断しにくくなっています。

 

あまりに気にしすぎるのも、精神上よくありませんが、少しでも心配になったら、すぐにお医者さんの判断を仰ぐというのも、赤ちゃんにとっても親にとっても、良いかもしれません。

 

しかし実は、赤ちゃんのアトピーと言うのは、特にまだ月齢があまりいってない赤ちゃんの場合などには、専門家であるお医者さんにとっても、診断が難しいというのが、実状なのです。

 

それではどのようなことを根拠に、赤ちゃんアトピーという診断を下すのかと言うと、その根拠は意外と単純なことだったりします。

 

湿疹が2ヶ月以上続いているという長引いた状態にあること、両親や近親者にアトピーやアレルギー体質の人がいるかいないか、主にこの2つを重要視して慎重に診断が下されます。

 

それでも判断しかねる場合には、さらに詳しく血液検査やアレルギー検査などが行われて、経過を見ながら時間をかけて診断します。

 

赤ちゃんの場合には、この検査結果自体が成長に伴い変わってくる場合も多いので、難しくなっています。