アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーになりやすい赤ちゃん

 

現代社会において、アトピーに悩む患者さんの数は増加する一方です。

 

これを読んでいる方自身がアトピー、そうでなくても周りに必ずと言っていいほどにアトピーに悩む方がいるという方がほとんどではないでしょうか。

 

また、現在お子さんがいて子育てをされているという方では、そのお子さんがアトピー、ママ友がアトピーのお子さんを育てているという方もたくさんいることと思います。

 

アトピーを発症してしまう子どもの数も増えていますので、当然かもしれませんね。

 

アトピーになりやすい赤ちゃんというのはいるのでしょうか。

 

残念ながら、アトピーになりやすい赤ちゃんがいます。

 

どんな子がなりやすいのかというと、やはり一番大きく関係しているのが、遺伝的な要因です。

 

とはいっても、親がアトピーだと子どもも必ずアトピーになると言うわけではありません。

 

しかし、両親のどちらか一方がアトピーなどアレルギー性疾患を持っていると、その子どもは約3割、両方だと約7割という高い確率でアトピーになってしまう可能性があると言われています。

 

先天的なものなので、防ぎようがないですから、これについては仕方がないことかもしれません。

 

しかし、この遺伝的な要因だけではなく、これに環境的な要因が複雑に絡み合って、実際に症状として出てくることになりますので、改善や予防が出来る環境要因を作ってあげることが大事とも言えます。