アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーと遺伝の関係

 

アトピーは子供に遺伝するのでしょうか?

 

親がアトピーの場合は、子供に遺伝するのか心配な方も多いようですね。

 

アトピーはアレルギーによる疾患ですので、「遺伝」という観点では、その他のアレルギー疾患とまとめて考える必要があるようです。

 

ある報告によると、子どもがアレルギー疾患になる確率は、両親ともにアレルギー疾患があると約50%、片方にあると約30%、どちらにもない場合は約10%だとのことです。

 

この報告を見ると、親にアレルギー疾患がある場合、子供もアレルギー疾患になる可能性は高いと言えるようです。

 

しかし、100%遺伝するかと言えば、そうでもなさそうです。

 

それは、アレルギー疾患は1個の遺伝子によるものではなく、いくつかの遺伝子が関係して引き起こされると考えられるからだそうです。

 

また、アトピー疾患の遺伝子を持っていても、その症状が現れない人もいるそうです。

 

その理由は、生まれてからかかった病気、住んでいる場所、食生活などの生活習慣がアトピー疾患の発症に深く関係しているからだと言います。

 

遺伝でアトピー疾患になりやすい体質の人でも、本来は乳幼児期を境に自然に症状が良くなるものだそうです。

 

それが大人になっても良くならない場合は、生活環境に何らかの問題があると考えてもいいのかも知れません。

 

遺伝が原因でアトピーになるケースは確かにあるようですが、アレルギー疾患になりやすい生活環境を改善する努力が、症状改善のためには重要と言えるようです。