アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーとα-リノレン酸の関係

 

アトピーの方では、食べ物などにも気を配る方が多くいます。

 

アトピーに良いとか、効果があると言われている食べ物や栄養成分などもたくさんありますから、当然のことと言えば当然のことなのかもしれませんね。

 

そんな中にαリノレン酸と言う成分があります。

 

αリノレン酸と言うのは、脂肪を構成する成分である脂肪酸と呼ばれるものの一種です。

 

体内で合成して作ることが出来ないので、食事で必ず摂らなければならないとされている必須脂肪酸の一つでもあり、私たちの体にとっては、とても重要な栄養素です。

 

そして、アトピーに対しても大きく効果があります。

 

まずは、私たちの体が自ら作り出しているホルモンの材料として使われているというところです。

 

中でもαリノレン酸は、炎症を抑える働きをするホルモンの材料になるので、アトピー症状を現れにくくしたり、緩和したりするうえで、とても大事なものになります。

 

そして、多くのアレルギー疾患の原因として影響を与えている物質に、リノール酸の摂り過ぎと言うことがあるのですが、この過剰なリノール酸の及ぼす悪影響を抑えてくれる働きがあります。

 

このようなダブルの効果でアトピー症状を緩和してくれるαリノレン酸ですが、摂取する時には少し注意することがあります。

 

それは、とても酸化しやすいものなので、加熱しないで生で摂取することと、できれば同時に抗酸化物質を含んだものを一緒に食べることです。

 

また、摂りすぎによる弊害はありませんが、脂質ですので過剰に摂るとカロリーオーバーになってしまいがちなので、注意しましょう。