アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーとγ-リノレン酸の関係

 

アトピーの方では、少しでもアトピーを良くする為に、アトピーに良いとか、効果があると言われている食べ物を食べるようにしている方も少なくありません。

 

そんなアトピーに効果があるといわれているものの中に、γリノレン酸という成分があります。

 

γリノレン酸は、別名ビタミンFともとも呼ばれていて、私たちの体にとってなくてはならない必須脂肪酸の一つでもあります。

 

γリノレン酸がアトピーに効果があると言われる理由は、次のようなことからです。

 

まずはγリノレン酸自体が、炎症を抑える効果を持っているということです。

 

アトピーとお肌の炎症とは、切っても切れない関係です。

 

この炎症を抑制する効果を持つということは、アトピーの症状そのものを抑える効果が期待できるということになります。

 

また、これもアトピー症状の一つである、かゆみを抑えると言う効果もあると言われています。

 

γリノレン酸は、体内にある酵素によって、リノール酸から作られています。

 

しかし、もともとこの変換してくれる酵素が少ない人がいて、それはアトピー患者に多いと言われています。

 

それだけアトピーとは、かかわりの深い物質と言えるでしょう。

 

もちろん、食品から摂ることはできるのですが、似たような物質であるαリノレン酸が、色々な食物に含まれるのとは違って、γリノレン酸はごく限られた食品からしか摂ることが出来ません。

 

そして、その食品は、私たちが日常的に摂取するようなものではないのです。

 

ですから、サプリメントなどで補うのが一般的になっています。