アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーとルテオリンの関係

 

アトピーに関連の深い物質に、ルテオリンと言う物質があります。

 

ルテオリンと言う名前には聞き覚えのある方は少ないかもしれませんが、フラボノイドという名前なら聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

 

ガムなどに配合されていたりして、聞き覚えのある方が多いことと思います。

 

ルテオリンと言う物質は、このフラボノイドの一種です。

 

そして、フラボノイドは、ポリフェノールと呼ばれる物質の一種なのです。

 

したがってルテオリンは、ポリフェノールの持つ効果である抗酸化作用を持っています。

 

抗酸化作用と言うのは、活性酸素を無害化してくれる働きを持っています。

 

活性酸素自体が有害なわけではないのですが、余ってしまった余分な活性酸素は、色々な病気の原因となったりしてしまう危険性があります。

 

特にアトピーに関係している活性酸素の影響で言うと、同じくお肌にある余分な皮脂と結びつき、過酸化脂質という物質に変化してしまいます。

 

この過酸化脂質は、肌荒れの原因となっている物質で、角質層が本来持っている外部からの異物の侵入を防ぐと言うお肌のバリア機能や、適度な水分を保ち続けると言う正常な保湿機能を低下させてしまいます。

 

こうなってしまうとアトピー症状が現れてしまったり、アトピーの症状が悪化してしまったりします。

 

このようなことを防ぐ抗酸化作用を持っているのが、ルテオリンなのです。

 

ルテオリンは色々な食品に含まれていますが、特にしその実とエゴマに含まれるものは、体に吸収されやすい形になっています。