アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピー治療の現状

 

病院でのアトピー治療の現状としては、対処療法しかないのが現実です。

 

アトピーの痒みを止める塗り薬や飲み薬を使って、発症範囲が広がるのを防止したり、症状が回復するのを待つというのが一般的な治療で、そのための薬も限られています。

 

薬はたいてい塗り薬で、発症した範囲の皮膚に塗ることで、症状の沈静化を待つというものです。

 

普通の病気は飲み薬で根源から治療しますが、アトピー治療ではほとんど用いられていません。

 

一応抗ヒスタミン系の内服薬は処方されますが、症状を多少抑えるくらいの効果しかありません。

 

つまり、アトピーを根源から治す方法は現状において存在しないのです。

 

アトピー治療に効果があると宣伝文句にした商品がはびこっていますが、これらは当てになりません。

 

アトピー用の石鹸やシャンプーなどがありますが、これらの商品が科学的に有効かどうか、副作用はないか、きちんと立証されていません。

 

有効なのは薬物療法と平行して生活習慣を見直すくらいのものです。

 

皮膚を清潔にしたり、皮膚への刺激を少なくしたり、生活環境を改善したり、規則正しい生活を送ることです。

 

こうした地道なことでも、少なくともアトピー症状の悪化は食い止められます。

 

アトピーの根本的な解決法は、いまだないのですが、悪化を防ぐことは可能です。

 

アトピーに悩まされていても、決しておかしな商品に騙されないことが大切です。

 

そんな商品を買うのはお金と手間の浪費でしかありません。