アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


抗ヒスタミン薬

 

アトピーの患者さんに処方されている内服薬にもたくさんの種類があります。

 

その中でも、広く一般的に多く使われている薬のうちの一つに、抗ヒスタミン薬があります。

 

ヒスタミンと言うのは体内にある物質の名前なのですが、耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

ヒスタミンとは、アトピーの症状でもあるかゆみを引き起こす物質のことです。

 

花粉症の症状であるくしゃみや鼻水なども、この物質が原因で引き起こります。

 

このヒスタミンは、私たち誰もの体にある物質で、この物質自体がかゆみの原因と言うわけではありません。

 

普段は白血球の中にありおとなしくしているヒスタミンですが、アレルゲン(アレルギーを引き起こす何らかの物質)が体内に入ると、出てきてしまいます。

 

そして、これがヒスタミン受容体と呼ばれるものと結合してしまうことによって、かゆみという症状が現れるようになっています。

 

抗ヒスタミン薬には、この結合を妨げるという働きがあります。

 

ですから、かゆみを抑える効果が期待できます。

 

しかし、種類にもよりますが、抗ヒスタミン薬は脳の中枢神経に入り込みやすいため、強い眠気を誘ってしまうという副作用があります。

 

そのため、車の運転などは非常に危険なので注意が必要です。