アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーの薬による治療

 

アトピーに使われる薬の種類は大きく分けて外用薬と内服薬の二つがあります。

 

外用薬は塗り薬や湿布など、主に皮膚に直接塗布する薬で、内服薬は主に飲み薬のことです。

 

アトピーの治療薬は、大抵は外用薬で、内服薬は気休め程度でしか処方されません。

 

残念ながらアトピーを根本的に治療する薬はまだ開発されていません。

 

病院から処方される外用薬も、症状の悪化を防ぎ、重症化の防止の意味で処方されるにすぎません。

 

アトピーの薬として代表的なのがステロイド系の塗り薬です。

 

ステロイドは皮膚の炎症を抑える効果のある薬で、アトピーの症状を一時的に抑えてくれます。

 

但しあくまで一時的な処置です。

 

アトピーは慢性疾患ですから、完治ではなく症状をコントロールするだけです。

 

ステロイドで症状を落ち着かせたら、少しずつ体質改善を目指すようにします。

 

ステロイドは代表的な薬ですから、その効果の程は立証されています。

 

同時に副作用についてもよく知られています。

 

ステロイドは比較的即効性のある薬で、炎症を直ぐに抑えてくれます。

 

ステロイドの効果には強弱があるので、症状に応じて種類を選べます。

 

副作用は症状のリパウンドです。

 

一時的に症状をコントロールすることは可能ですが、その後に症状がぶり返される可能性もあります。

 

最近では医師による適切な処置と指導で投薬の量が調整され、副作用は最小限に食い止められるようになりました。

 

よって自分で勝手に投薬の量や使用頻度を変えると、余計な副作用が出ますので注意しましょう。