アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーの漢方薬

 

西洋医学によるアトピーの治療では、ステロイド剤で痒みを抑え、非ステロイド系消炎剤やワセリンなどを併用する対症療法が一般的です。

 

ステロイド剤は効果が高い塗り薬ですが、副作用があります。

 

特に長期使用する時は使用量に注意しなければなりません。

 

そのような副作用が心配な方は漢方薬を併用すると良いでしょう。

 

漢方薬を使用することで症状が軽減すれば、ステロイド剤の使用回数を減らすことが出来ます。

 

漢方薬の効果が出てきたところで徐々にステロイド剤を減らしていき、最終的に使用を中止できる場合もあります。

 

漢方薬の中には、アトピーに効果があると言われているものがあり、多くの方に飲まれているものもあります。

 

大人のアトピー性皮膚炎の治療に使用される代表的な漢方薬には、白虎加黄蓮湯、白虎加人参湯、越婢加朮湯、消風散、黄蓮解毒湯、竜胆瀉肝湯などがあります。

 

ただし、アトピーだからこれが効くといった漢方薬はありません。

 

体質は個人差があるので、各人の体質により処方が決まります。

 

また、漢方薬と言うのは、基本的に体質を改善していくことで、自己免疫力を高めて様々な病気を治療していくことを目的とした薬です。

 

ですから、根気よく飲み続ける必要があります。

 

漢方薬は他の科学的な薬と比べると、副作用が少ないのが大きな特徴です。

 

そのため、長期間服用しても体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

アトピーの薬には強い副作用が出るものありますから、その点が嬉しいところですよね。

 

ただし、副作用の心配がないとはいっても、漢方には飲み合わせや、適した用量など、守らなければいけないこともあります。

 

漢方薬を服用する際には、必ず専門の漢方医に相談して、アドバイスを受けてから正しく使用するようにして下さい。