アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


紫外線対策をする

 

アトピーの人は紫外線に注意する必要があります。

 

「美白にこだわる女性でもあるまいし、アトピーと紫外線に関係性なんてあるの?」と思う方もいるかもしれません。

 

それがあるのです。

 

紫外線と言うのは、アトピーのお肌にとって、外部からの大きな刺激になってしまいます。

 

よって大量の紫外線を浴びてしまうと、アトピーの症状が悪化してしまう可能性があります。

 

これは、健常なお肌であれば、そこまで刺激とならない紫外線が、バリア機能の低下しているアトピー肌では、十分にブロックすることが出来ずに侵入してしまうからです。

 

少しの紫外線であっても長時間浴びていると、肌の内部はバリア機能が低下して水分がなくなり、乾燥するようになります。

 

バリア機能が低下した肌はとても無防備で、外部からの刺激を受けやすい状態になります。

 

皮膚の内部に紫外線が簡単に侵入するので、乾燥はさらに進み、炎症が発生します。

 

それがきっかけとなってメラニン色素が過剰に生成され、肌表面に色素沈着を起こしてしまいます。

 

そのため、外出する時は紫外線対策を忘れないようにしましょう。

 

アトピーの赤ちゃんを連れて外出する時には、暖かい季節であっても、薄着は避けて、お肌の露出を極力少なくしたり、つばの大きい帽子をかぶらせるなどの対策が必要です。

 

車で出かけるのであれば、UVカットガラスやフィルムを貼って、しっかりと紫外線から皮膚を守る必要があります。

 

日焼け止めクリームの中には紫外線吸収剤を使っているタイプのものがあります。

 

すると皮膚炎を起こす人もいるので、塗った後にかぶれないか注意しながら使ってください。

 

日焼け止めクリームは自分の肌にあったものを使いましょう。

 

アトピーのある患部は予想以上にかぶれる可能性が高くなります。

 

アトピーの人は皮膚科の医師に相談してから使うことをお勧めします。

 

日焼け止めクリームは、ある程度こまめに塗らないと効果が得られません。

 

汗で流れてしまう夏場などでは、なおさらです。

 

ただし、紫外線には免疫抑制効果があります。

 

これによって過剰な皮膚のアレルギー反応を抑えることができます。

 

そのため、紫外線量が少ない北欧では適度な日光浴はアトピー性皮膚炎に良いと言われています。

 

ですが、生まれつき肌の色が白く、日焼けするとすぐに肌が赤くなるような人は炎症反応が大きくなってしまうことが多いので、日光浴はあまり行わない方がよいでしょう。

 

また、日光過敏症を合併している人は、紫外線を避けなければいけません。