アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


よく泡立てた石鹸で洗う

 

アトピーの皮膚を清潔に保つには、毎日お風呂に入って体をきちんと洗うことがとても大切です。

 

しかし、体を洗う時に間違った洗い方をしていると、逆に症状を悪化させてしまう可能性があるので、注意が必要です。

 

体を洗う時は、石鹸をしっかりと泡立てることが大切です。

 

固形石鹸やボディーソープを使う際には泡立てネットを使用しましょう。

 

また、最初から泡状になったタイプの石鹸もあります。

 

石鹸の中には、アトピーのお肌にとっては、刺激物となってしまいかねない物質を成分として配合しているものも結構あります。

 

石鹸の種類は、無添加で皮脂を取り過ぎず、適度な潤いを残すタイプがお勧めです。

 

 

無添加石鹸と言うのは、香料や防腐剤、着色料などの化学成分が添加されていないものを言います。

 

お肌にやさしい天然由来の成分だけが配合されている石鹸を選びましょう。

 

どの商品が自分の肌に合うかは個人差があるので、色々と試すしかありません。

 

色々な製品を試してみて、一番しっくりくるものを使いましょう。

 

アトピーの人は、十分に石鹸を泡立てて、その泡でやさしく包み込むようにして体を洗います。

 

イメージ的には、石鹸をつけてゴシゴシとこするように洗った方が、汚れが落ちやすい、落ちているような感覚があると思います。

 

しかし、十分な泡を作って、その泡で包み込んであげるだけで、綺麗に汚れを落とすことができます。

 

体を洗った後は泡が無くなるまで、綺麗に流しましょう。

 

すすぎが足りないと石鹸などの成分が刺激となり、かゆみの原因になります。

 

洗った時の石鹸を洗い流すという作業は、十分に行えている方が、意外と少なかったりします。

 

汗をかきやすい脇の下や首周り、関節のしわがある部分は特にしっかりと洗い流しましょう。

 

頭⇒体の順に洗うことで、シャンプーや洗顔などのすすぎ残しによる雑菌の繁殖を防止できます。