アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


寝具を変える

 

アトピーの症状は、普段お使いの寝具によっても大きく変わってきます。

 

実は寝具というのは、家の中でも格好のダニとその死骸の居場所になってしまっていることが多いのです。

 

毎日寝るところにダニがたくさんいるなんて、アトピーではなくても、考えただけで恐ろしいですよね。

 

布団1枚に潜んでいる死骸も含むダニの総数は、数十万匹いると考えられています。

 

そして、ダニやその死骸はアトピーやアレルギー、喘息などの原因となります。

 

アトピーの人にとっては症状を悪化させてしまう原因ともなってしまいますので、少しでもダニの量を減らして、守ってあげたいものですよね。

 

そこで毎日使う寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

 

ご存知でない方も多いかもしれませんが、アトピー向けの寝具というものが販売されています。

 

これらの製品は、通常の寝具よりも、ダニやホコリなど、アトピーを悪化させてしまう原因となる物質がとどまることを、できるだけ少なくするように開発されている製品です。

 

繊維の中にダニが入り込まない防ダニ布団というのもあります。

 

 

実際に私の友人のお子さんもアトピーで、そういう寝具があることを知って変えたのですが、夜中に無意識のうちにかいてしまうということが、かなり減ったそうです。

 

もちろん、通常の寝具でも布団乾燥機で乾燥させたり、掃除機でダニの死骸を吸い取ったりと、色々と対策は出来ます。

 

ただし、アトピーやアレルギー対策用の寝具に変えた方が、何よりこういった日々の手間が減るというのも大きなことです。

 

ちなみに、寝具を天日干しにする方も多いと思いますが、アトピーの人が使う寝具は絶対に外に干さないようにしましょう。

 

外にはアレルゲンとなる埃や花粉が多くあり、暖かいとダニも繁殖します。

 

また、布団だけでなく枕の素材も重要です。

 

寝具の中で体内にアレルギー物質を吸い込む入り口である口と鼻に最も近いのは枕です。

 

枕はパイプビーズなどダニがつかない素材の枕を選ぶと良いでしょう。

 

アトピー用の寝具としてはテイジンの「ミクロガード」を推奨している医師も多くいます。

 

 

アトピー用の寝具が望ましいですが、寝具を全部取り換えるのが難しい場合は、せめてシーツやカバーだけでも取り換えましょう。

 

また、布団の上げ下げなどの際に出るホコリや、浮遊ダスト対策のため、寝室はできれば頻繁に空気を入れ替えるか、空気清浄機を設置しておきましょう。