アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


布製品を避ける

 

アトピーの原因になるダニやカビ、ハウスダストの対策をしましょう。

 

その一つに布製品を避けるという事があります。

 

何故、布製品はアトピーに悪影響を与えるのでしょうか。

 

それは、繊維という構造に秘密があります。

 

布というのは、表面にホコリやダニとその死骸などの、いわゆるハウスダストと呼ばれるようなものが付着しやすいような構造になっています。

 

布製品はダニの格好の住みかとなります。

 

また、布製品はカビがはえやすいです。

 

アトピーになり皮膚に炎症が起きれば、炎症部分の抵抗力が落ちて、カビ、細菌、ウイルスなどに感染しやすくなります。

 

感染を繰り返せば、今度はカビや細菌が作る毒素にアレルギー反応を起しやすくなります。

 

布製品を使うことでカビの菌が皮膚に付着し感染症を引き起こしたり、アトピーの症状を悪化させる大きな要因となります。

 

例えば床ですが、絨毯やカーペットは布製品ですので、これらを使わずにフローリングの方がアトピー対策としてはハウスダストが少ないので理想的です。

 

食卓で使うランチョンマットは使わずに、プラスチックのトレイにするなど、たくさん代用できるものがあります。

 

小さな赤ちゃんにとっては、よだれかけは必需品ですが、布ではなくナイロン製品のものを使うようにしましょう。

 

特に、ぬいぐるみは布団と並んでダニの巣窟になりやすいです。

 

なので、お子さんがアトピーの場合はぬいぐるみを与えないか、頻繁に洗濯しましょう。

 

また、ダニやカビが多い布製品は布団です。

 

その原因は、寝ている時にかく汗です。

 

個人差はありますが、人は寝ている時にペットボトル2本分ほどの汗をかくそうです。

 

ベッドに布団を敷きっぱなしにしていたりすると、通気性が悪くなり、余計にカビがはえやすくなるでしょう。

 

窓は結露が発生するため、カーテンもカビがはえやすいです。

 

結露は上から下に流れ落ちていきますから、カーテンのすそにカビがはえることも多く、なかなか気がつかないこともあります。

 

カーテンやソファーのクッションなどは、洗濯機で洗えれば生きたダニも死んだダニも除去できます。

 

洗濯機で洗った後に、乾燥機を使って乾かします。

 

天日干しにすると、埃や花粉などが付着するので、必ず乾燥機を使いましょう。

 

乾燥機がご家庭にない場合は、コインランドリーを利用すると良いでしょう。

 

布団の場合は、水洗い表示が×になっているものは、残念ながら自宅では洗えません。

 

ドライマーク表示の場合は専門のクリーニング店に相談して下さい。

 

無理に洗うと中の綿が偏ったり、加工が取れたりするのでお勧めできません。

 

基本的に洗濯機の取り扱い説明書を確認すれば、布団が洗えるのかわかります。

 

布団が自宅で丸洗い出来る時は、自宅の洗濯機の容量と洗える布団のサイズを確認しましょう。

 

ドラム式など一部の洗濯機は布団を洗えないものもあるので注意が必要です。

 

布団を洗う際には寝具用の大きい洗濯ネットに入れてから洗いましょう。

 

お使いの洗濯機では洗えないなら、大きいものもクリーニングできるコインランドリーを使うという方法もあります。

 

布製品を避けるだけでアトピーが完治することはないと思いますが、少しはアトピーの症状を緩和することは可能だと思います。