アトピー性皮膚炎の症状・対策・治療法・薬・原因


ファムズベビー


アトピーとルイボスティーの関係

 

ルイボスティーとは、南アフリカの一部の地域でしか栽培されていないお茶で、日本では栽培ができません。

 

ルイボスティーには、活性酸素を除去できる酵素がたっぷりと含まれているので、シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング効果を求めて飲んでいる女性も多くいます。

 

ルイボスティーは、美容に関心のある女性の方に人気です。

 

 

ルイボスティーは美容効果だけでなく、抗炎症作用や高血脂症、動脈硬化の予防、アレルギー症状の緩和など、様々な効果が期待できると言われているお茶です。

 

アトピーになると異物を攻撃するために体内から活性酸素を大量に放出します。

 

アトピーの場合は免疫システムの異常により、普通の人よりも活性酸素が多く放出されてしまいます。

 

これによって活性酸素が異物や細菌を攻撃した後に、周りの皮膚や正常な細胞も攻撃し始めます。

 

これが皮膚炎となってかゆみを発生させるのです。

 

また活性酸素は「過酸化脂質」という物質も作り出します。

 

この過酸化脂質は皮膚の保湿成分や保湿機能を破壊して乾燥肌になるので、アトピーを進行させます。

 

ルイボスティーを飲むと根本的な体質改善ができることから、アトピーの症状が軽減されていくと言われています。

 

しかし、アトピーの人がルイボスティーを飲むと、最初にルイボスティーによる好転反応が出始めます。

 

これは一時的にアトピーの症状が酷くなる現象です。

 

ルイボスティーを飲み始めてアトピーが酷くなった人は、好転反応が出ている状態と言えます。

 

その後は徐々に軽減されていき、最終的に完治という場合もあります。

 

ですが、アトピーの症状には個人差があるので、好転反応がいつまで続くかはわかりません。

 

ルイボスティーの効果を直接発揮できる方法もあります。

 

それはルイボスティーを染み込ませたガーゼやコットンをアトピーの患部に直接当てて、その上からサランラップをぐるぐる巻きつける方法です。

 

目安は1時間ほど放置しておきます。

 

3日続ければアトピーの改善効果がある言われています。

 

この民間療法で皮膚のただれや痒みが軽減されたという報告もあります。

 

ルイボスティーには、フラボノイドが含まれているので、このような効果を持っているのです。

 

いわゆるSOD食品と呼ばれているものと同じ機能を持っていると考えられます。

 

ルイボスティーは価格も安くて、飲んだりアトピーの部分に塗るだけなので、試してみる価値は十分にあると思います。